巨大色素性母斑ネットワーク

巨大色素性母斑に関する治療情報や母斑×子育てあるある話など、      母斑治療経験者のみんなにわいわい聞いてまとめて発信する母斑ネット

巨大色素性母斑、治療法


母斑,巨大色素性母斑,獣皮様母斑,治療,等の

キーワード検索をしてここにいらっしゃった皆様、はじめまして!

 巨大色素性母斑を治療中の娘を持つasukaと申します。

 

このブログでは、巨大色素性母斑治療経験者さんと

そのご家族のみなさまにご協力いただき、

病院や治療法、巨大色素性母斑のあるお子さんの子育て中のお悩みなど、

巨大色素性母斑治療に関わる様々な経験談を伺って

ご紹介していきたいと思っています。

 

生まれたての赤ちゃんを抱きながら、

不安な気持ちで『巨大色素性母斑,治療』と

検索をかけたあなたの目に

このブログが留まりますように。

 

これから病院探しをするあなたの助けになれますように。

「ひとりじゃないよ」という私たちの声が

あなたに届きますように。

 

 

まずはじめに、

母斑治療、どんな治療法があるのかを

サラッと↓

 

  • 切除(母斑部分の除去+縫い寄せ)
    f:id:bohannet:20180607142903j:image
    f:id:bohannet:20180608194457j:image
    ↑頭部(額の端~もみあげ)の場合
    f:id:bohannet:20180608194417j:image
    ↑顔(頬)の場合

  • 植皮
    f:id:bohannet:20180607140522j:image

 

  • エキスパンダー(組織伸展法)
    f:id:bohannet:20180607140535j:image
    f:id:bohannet:20180608000255j:image
    ↑体部(体の前面と背面)の場合

f:id:bohannet:20180610111210j:image

↑体部(首)の場合

 

  • 自家培養表皮(ジェイス)
    f:id:bohannet:20180607235839j:image
    f:id:bohannet:20180608194624j:image
    ↑頭部(側頭部)の場合

 
f:id:bohannet:20180610111304j:image

↑耳の場合

 

  • レーザー

f:id:bohannet:20180608200316j:image

↑顔(頬)の場合

 

  • キュレッティング(掻把術)
    f:id:bohannet:20180607140632j:image


f:id:bohannet:20180610111629j:image

↑体部(背中)の場合

 
f:id:bohannet:20180610111338j:image

↑頭部(側頭部、後頭部)の場合

 

 

 

上よっつは母斑を皮膚ごと取り除いちゃう手術、

下ふたつは母斑の表面にあれこれして色を薄くする手術。

 

 ※母斑ネットでご紹介する画像は患者さんのご家族のご厚意でご提供いただいたものですので転載禁止です。

 

 

いやいやもっと日本語で説明して~!と思った方は

自家培養表皮によるあざ(母斑)の治療(患者さま向け情報):株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)

↑こちらご覧ください。

自家培養表皮(ジェイス)の紹介だけじゃなくて

他の治療法も簡潔に紹介してくれています。

 

 

母斑の治療法は様々ありますが、

形や範囲、体のどこにあるのかによっても

ベストと評価される治療法は変わってくるため、

そこは病院で医師と相談あるのみです。

 

ただ!!

なんとびっくり、

母斑治療ってどこでも受けられるものでもない。

しかも病院によって治療方針が

結構違います。

 

 

「えぇ~、じゃあどうやって病院を探したら…?」と、

 思われたそんなあなたのために!!

 

巨大色素性母斑治療経験者&そのご家族に聞いちゃいました!

『どこの病院でどんな治療を受けていますか?』

 クチコミ情報まとめ記事リンク↓

母斑,巨大色素性母斑,治療【病院情報:北海道・東北地方】 - bohannet’s diary

 

母斑,巨大色素性母斑,治療【病院情報:関東地方】 - bohannet’s diary

 

母斑,巨大色素性母斑,治療【病院情報:中部地方】 - bohannet’s diary

 

母斑,巨大色素性母斑,治療【病院情報:近畿・中国・九州地方】 - bohannet’s diary

 

 

出産による体力消耗、

乳児のお世話スタートに加え、

初めて聞く病名に

不安で夫婦共々お疲れが出る頃かもしれません。

 

でも、

このあざを無くしたい場合、

早期治療になります。

 

大きい病院、手術予約、たくさん。

なかなか、入れない。

 

初診、早めに行く。これ、大事。

 

 

あともうひとふんばり、頑張りましょう!

何をしたらいいか決まったら気持ち楽になるから!!

この情報が、少しでもあなたの助けになりますように。