巨大色素性母斑ネットワーク

巨大色素性母斑に関する治療情報や母斑×子育てあるある話など、      母斑治療経験者のみんなにわいわい聞いてまとめて発信する母斑ネット

巨大色素性母斑【病院情報:近畿・中国・九州地方】母斑,治療

母斑,巨大色素性母斑の治療法、病院を探して

このブログに辿り着いた皆様こんにちは!

ここでは母斑治療経験者&そのご家族から頂いた情報を

ご紹介していきたいと思います。

※2018年6月時点のクチコミ情報です。

 病院毎に治療内容の変更などもあると思いますので、

 あくまでも参考程度にご覧ください。

 

 母斑,巨大色素性母斑の治療が受けられる病院情報

 

 

【近畿・中国・九州地方編】


f:id:bohannet:20180615150252j:image

三重大学病院(三重県津市)

形成外科

形成外科 診療案内|三重大学病院

(切除・自家培養表皮ジェイス)

クチコミ情報

・6か月から手術可能

 

 

京都大学医学部附属病院京都府京都市

形成外科

形成外科|診療科(一覧)|診療科・部門のご案内|京都大学医学部附属病院

(切除・レーザー・キュレッティング・エキスパンダー)

※形成外科母斑外来宛てで紹介状を依頼してください。

 水曜午後が母斑外来日(担当医森本先生)ですが、

 初診の場合は事前に病院にご確認ください。

クチコミ情報

・早期治療方針

・病気や治療法について詳しく説明して貰えた

・家族の心情も気遣ってくれる

・母斑細胞をなくす事を一番に考えてくれる

・医師の人柄が◎、母斑治療の実績も豊富

・小児科神経外来との連携あり

・形成外科のみでもMRI検査等、発達フォローあり

【京都大学医学研究科形成外科(診療内容)】Plastic and Reconstructive Surgery Kyoto University Hospital

 

 

関西医科大学附属病院(大阪府枚方市

形成外科

形成外科|関西医科大学附属病院

(切除・植皮・レーザー・キュレッティング・高圧処理・自家培養表皮ジェイス)

 

クチコミ情報

・早期治療方針

・高圧処理やジェイス等、新しい母斑治療の研究が積極的に行われている

 関西医科大学 形成外科学講座←詳しくはこちら

・キュレッティングとレーザーを組み合わせた治療を行っており、キュレッティングのみで行う治療よりもより高い治療効果が得られる

 

 

大阪市総合医療センター(大阪府大阪市

形成外科

形成外科<完全予約制> | 大阪市立総合医療センター

(切除・自家培養表皮ジェイス)

・きれいな仕上がりを目標に、ケロイドにならないよう慎重に指導して貰っている。

・形成外科部長の先生が小児形成外科専門医の認定資格を保有

・初診(紹介状が必要)及び予約外の診療受付は、

 午前8時45分から11時00分まで。

 予約がない場合は受診できないことがあるそうなので、

 事前に形成外科外来に電話でご確認ください。

 

 

鳥取大学医学部附属病院(鳥取県米子市

形成外科

形成外科 | 鳥取大学医学部附属病院

(切除・植皮)

 

 

福岡大学病院(福岡県福岡市)

形成外科

福岡大学病院 │ 病院・診療部門一覧 │ 形成外科・美容外科

(レーザー・エキスパンダー)

 

 

福岡市立こども病院(福岡県福岡市)

形成外科

(切除・自家培養表皮ジェイス・エキスパンダー)

http://www.fcho.jp/childhp/shinryou_detail.php

※初診要予約制、曜日、時間指定有りなのでHPからご確認下さい

クチコミ情報

・患者の話をしっかりと聞いてくれて不安を取り除いてくれてた

・手術は早期からも可能だけれど基本は1歳から

・母斑細胞を極限無くしていく方針

・小児神経外来と連携

・定期的にMRIや発達フォローあり

 

 

大分大学医学部附属病院(大分県由布市

形成外科

(切除・レーザー・キュレッティング・ジェイス)

大分大学 医学部附属病院 形成外科 / 形成外科が取り扱う疾患

大分大学医学部附属病院 外来のご案内

クチコミ情報

・早期治療方針

・論文や症例の写真など見せて詳しい説明をしてくれた

・医師の人柄が良い

 

 

形成外科 王丸クリニック(福岡県福岡市)

(レーザー)

あざ・血管腫のレーザー治療専門|形成外科 王丸クリニック

 ・黒あざのレーザーは生後6ヶ月から

・局所麻酔

保険診療になるか自由診療になるかは診察してみないとわからない

 (母斑でも保険適用になるケースも)

 

 

↑受診される際は各病院HPより初診外来の案内をご覧ください。

また、産院やかかりつけ医に紹介状を依頼する際は宛先の科をお間違えの無いようご注意下さい。

医師の宛名がわからない時は『〇〇科ご担当医』で大丈夫ですが、

初診の段階で専門医や教授に絶対会いたい!という場合は外来担当表でお名前を調べてから紹介状を依頼することをお勧めします。

 

母斑治療が受けられる病院情報まだまだ募集中です!

コメントなどでお知らせ頂けると嬉しいです!