巨大色素性母斑ネットワーク

巨大色素性母斑に関する治療情報や母斑×子育てあるある話など、      母斑治療経験者のみんなにわいわい聞いてまとめて発信する母斑ネット

巨大色素性母斑【術後のUVケア】日焼け

巨大色素性母斑、獣皮様母斑について検索して

この巨大色素性母斑ネットワーク、

通称母斑ネットにお越しになったみなさまこんにちは!

巨大色素性母斑治療中の娘(好きなプリキュアはキュアエトワール)を持つ

二児の母、asukaです!

 

七月に入って陽射しが痛いくらい強くなってきましたね!

今回の記事では

みなさんの術後のUVケアについて教えていただきました!

 

 

そもそも術後のUVケアって全ての母斑治療に必須なの??

 

母斑治療は様々な方法がありますよね。

切除(縫い寄せ)、レーザー、キュレッティング、植皮、ジェイス、エキスパンダー。

そもそも、これらのどの治療法でも術後のUVケアは必須なのか?

サラッと調べてみました。

 

みんなもなんとなく知っている『レーザーの後は日焼けNGだよね』

美容皮膚科でも人気のレーザー治療。

知名度の高さからも『レーザー治療後は日焼けNGらしいということはなんとなく知っている』という方が多いのではないでしょうか。

 

↓こちら東京女子医科大学形成外科のHPより、

あざのレーザー治療に関する記述

http://www.twmu.ac.jp/PRS/bohan-aza.html

日焼けをしていると治療効果が低くなるだけでなく、レーザー治療で傷になりやすくなります。治療前には日焼けをしないようにしてください。

 照射後は遮光が必要です。遮光しないと色素沈着が起こりやすくなります。日焼け止めクリーム、遮光テープなどを使って遮光してください。

 

なななんと、治療前も日焼けしていないほうがいいんですね…!

そして、術後にちゃんと遮光していないと、

せっかくレーザー治療を受けて薄くしたのに

色素沈着して色が濃くなってしまうという…!

勿体ない…!!これめちゃくちゃ勿体ないですよね!?

というわけでレーザー後はUVケア必須!!これ大事!!

 

 

レーザー以外の治療法の場合は?

では、切除(縫い寄せ)、キュレッティング、植皮、ジェイス、エキスパンダー、

レーザー以外の治療法では術後のUVケアは必要なのか?

調べてみました↓

 

 

一般的な術後のケアについての記述↓

形成外科(テーピングについて) | 独立行政法人 国立病院機構 埼玉病院

 傷の活動が活発な時期に、引っ張られたり(緊張)、日焼けをしたり(紫外線)、乾燥などの刺激が加わると、傷の中の細胞が過剰に反応してしまい、傷跡が太くなったり、赤く盛り上がったり、色素沈着が発生します。

 

 …というわけで、

縫合がある治療法(切除(縫い寄せ)、植皮、エキスパンダー)と

母斑の表面を削り取るキュレッティングも

この話に該当しそうですね。

 

 

また、植皮後のケアに関する記述↓

形成外科 Q&A - 形成外科ホームページ - 旭川赤十字病院

(問) 植皮術後は、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

(答)移植した皮膚は、術後1時期、表面が乾燥することがあります。そのような場合は、油性軟膏を使用すると良いでしょう。

また、移植皮膚の順応化が完了するまて(約1~2年)は、日焼け止めクリームなどで遮光に努める必要があります。

 という記述もありましたので、

植皮、エキスパンダーは縫合痕だけじゃなく

植皮部分もUVケアが必要なようです。

  

 

で、ジェイスは…??

ジェイスは培養した皮膚を母斑を除去した部分に乗せて生着するまでガーゼやテープで保護しておく…というものだそうで、縫合痕は残らないそうです。

まだ始まったばかりの治療法なせいか、

ネットにもあまり術後についての記述が見当たらず…。

 

ジェイス経験者のご家族によると、

去年の秋ジェイスの手術をして、今年の夏は日焼けせんほうがいいと言われました。
来年からはいいようなニュアンスに聞こえたけどどうなんですかね。

 …とのこと。

移植皮膚と同じように考えても問題無さそうということですかね…??

ジェイスのアフターケアについて詳しくご存じの方いらっしゃいましたら

是非情報提供お願いいたします!!

 

 

 

まぁとりあえず、

母斑治療を始めたら

1~2年はみんな日焼けしないにこしたことはないってことだ(結論)

 

そんなわけでオススメUVケアグッズのご紹介

日焼け止めって保湿液や軟膏と違って形成外科で処方されないですよね。

みんな何使っているか気になる!!ということで、

教えていただきました!オススメUVケアグッズ!

 

 

保育園にもひとつ預けて外遊び前に塗ってもらっています。

ウォータープルーフで持続性があってなおかつせっけんで落とせる、ということでまめに塗り直さなくて良くて落とすのも楽かなと(笑)

 

 

塗り忘れないように玄関にプッシュタイプのボトルを置いています。

 

継続的なケアをしていくためには使いやすさ大事ですね!

プッシュタイプは蓋を取る手間が無いから出掛けに急いでいてもパッと塗れて良さそう。

 

 

美容皮膚科で働いている友達がオススメしてくれたものを使っています。

こんな高級な日焼け止め自分では使ったことないなと思いながらも、

(治療箇所が)顔なのでなんとなくいいものにしとこうと自分に言い聞かせています(笑)

 

めちゃめちゃわかります…‼

我が家も、娘の日焼け止めは私の日焼け止めの5分の1の量で金額は倍します(笑)

 


f:id:bohannet:20180710143234j:image

美容外科・医療レーザー脱毛(美容外科・美容皮膚科) - MOC | 大城クリニック

 大城クリニックでレーザー治療中で

院内処方された日焼け止めを使っています。

 

大城クリニック(東京)のオリジナルコスメで、

肌に合わなかった場合はクリニックで無料で相談できるということですから

安心して使えますね!

 

 

 高いですが、おススメです。私もそれを一緒に使ってます。

 200㎖で4320えんですって。

正直皆さん結構いい日焼け止めを教えて下さるので

もう高いか安いかわからなくなってきました!

ミルクタイプなのにスプレーボトル。治療範囲が広い方にも使いやすいですね!

 

 

そして

こちらはちょっと変わり種、

エアウォールUV No.25 MA-E3025-U(25mmX3M)

エアウォールUV No.25 MA-E3025-U(25mmX3M)

 

レーザーの先生からオススメしていただきました。
日焼け止めをしっかり塗るのって出掛ける前の忙しい時に大変ですよね。塗ったら塗ったでしっかり落とさなきゃいけないしで正直面倒臭い!

そんな時にこのテープ。
テープといってもマイクロポアテープみたいなのではなく、薄ーーーい、スーパーの買い物後荷物つめるところにロールで設置されてるナイロン袋みたいな素材のテープです。
うちの場合はエキスパンダーで伸ばした皮膚部分にもうべったり貼り付けてます。
縫合跡のところはマイクロポアです。

 マイクロポアテープは

術後のケア用に病院の売店で売っていたりするのでおなじみですが、

このエアウォールUV、私この夏初めて知りました。

貼ってるだけでしっかり日焼け防止してくれる、剥がれるまで効果が続く、

しかもテープの上からお化粧も出来ちゃうそうです!

母斑治療中だけどアウトドアが好きでお出かけしたい!なんて方に

オススメしたいアイテムですね。

 

 

そしてここから番外編

完全遮光日傘、完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。

(商品はすべて大人サイズです)

99%遮光と100%完全遮光って体感全然違うんですって。

人気過ぎて入荷待ちの商品多数ですが、

日傘以外にもつばの大きな帽子やパーカーなどもあり、

大人の母斑治療中の方で「通勤、通学中の紫外線が気になる」という方に

一度見ていただきたいサイトでした!

 

 

 そしてこちらは傷、アザ隠しが出来る『肌かくしーと』

ウォータープルーフで水や汗にも強いとのことで、

これからの時季、海やプールに行きたいけれど、

母斑や手術痕が気になる…という方に知って頂きたいアイテムです! 

 

 

夏になると日焼けが怖い、母斑が見えるから肌を出すのに抵抗がある等、

みなさんお悩みはあるかと思いますが、

品質の良い日焼け止めも便利グッズもたくさんあるので

上手に使って楽しく過ごしたいですね!